×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

たらいうどん in 土成

2003年7月27日(日)

夏休みに入ってから予定していた「土成にたらいうどんを食べに行こう」を実行することに。
前日、友だちを誘ってみるとあっさりOKが出たので、シーザー(ビラーゴ1100)とアッ君(アクシス90)と一緒に行くことになった。
朝の11時に集合ってことになっとったけん、朝早く出て木沢の方でも廻ってから行こうかなとか考えていたが、朝寝過ぎてとてもでないけど行けない時間に起きてしまい断念。
10時半ぐらいに家を出た。羽ノ浦でガソリンを入れて、バイパスに上がり、トン ネルを抜けて信号で止まると、隣りに黒い400ccのKawasakiのヤン車っぽいんが いた。信号が青に変わって発車。加速は明らかにこっちが上、だが奴は猛烈な勢 いで前の車の間をぬって走り去った。もう、危ないなぁ。

出発

10時50分ぐらいにアッ君宅について、少し話をして出発。
道がはっきり分からなかったので、とりあえず国道を走っていくことにした。55号→11号→192号と行った。
うーん、やっぱり混んでいる。国道はまずかったかなぁ、、、
途中、隣りの車の助手席からでっかい犬が前足を片っぽ出して乗っていた。うお!でけぇ!!
192号から318号に移り、しばらく行くと土成に入った。
この頃には、体調のせいかヘルメットのせいか頭がかなり痛かった。

うどん屋

とりあえずいったん止まり、どうするか作戦会議。「真っ直ぐ行ったらあるだろう」という結論が出て、出発。出発する頃には頭はだいぶんマシになっていた。
直進、直進。山に入って・・・!!!いけるんかこれ?山に入ったら店ないんちゃうん、、、 (汗
止まってシーザーの話を聞くと、「店はある」らしい。あきらめずに進んでみると、あるじゃないか!しかも大量に。
どこに入ったらいいか迷っちゃう。「次の2軒目に入る」と決めていくと、その2軒目は明らかにやばい!やばすぎる。ということで、1軒戻って入ることにした。
駐車場にバイクを停めて。店に入って。坂を降りて。なんじゃこれ?えらい下にあるな、と思っていたら、注文をして席に座ってみると、「ええ景色や、、、」
川(渓流?)のすぐ傍に座席がある。ほなけんどこの店も下の方に建てとんか。
しばし待つとたらいうどんが到着。すげぇ、注文した分だけ1つのたらいに入って出てきた。さすがたらいうどん!
お味の方は・・・グッドですね〜。タレがさっぱりしていて旨い。こいつはいい や!!!

帰路

1時半くらいに出発。山を降りてちょっと行ったところのサンクスに立ち寄って。コーヒータイム。
ベビースターラーメンのカレー味なるものを見つけたので、ベビースター好きとしては食っとかなと考え購入。結構旨かった。
少し休憩して、帰ることに。帰り道はアッ君の一存で。
吉野川を渡る前に東へ向を変え、町中をちょっと走って土手へあがった(詳しい道路名は不明)。土手へ上がるとき、「なんかここ通ったことがある」という感じになった。車でではなく自転車で。中学生の時、親父について自転車で吉野川の土手をずっと貞光まで走ったことがある。その時にこの道を通った記憶がある。
土手へ上がる前から徳島の町に入るまで、思考はほとんど停止していて、ただ気持ええなとだけ思っていた。
土手をずっと走って、途中で川を渡り、県道30号に降りて市内へ向かった。
徳島の町にはいると、またもや頭痛が襲ってきた。かなり強力な頭痛が俺の頭を蝕む。ホンマかんべん。
とりあえず、どこかで休みたいと思い。アッ君と別れたあと、小松島の平惣に滑り込んだ。
平惣で化学の参考書を買って、シーザーと別れて帰った。
総走行距離103km

結論:たらいうどんは激ウマ。食べてみる価値大。
国道を通るより、土手などを通った方がいい。
さて、次は何を食べに行こう、、、

◆戻る◆