×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出雲(2005年10月16日)

出発

およそ4ヶ月ぶりにHighSideのツーリングに参加。
8時過ぎに集合場所に行ってみると、バンディットとVFR400Rがいた。
さらに待っていると、YZF-R1、CB400SF、CBR250RR、CB400SF(VTEC3)、ZX12R、 ZRX400(?)、GSX-R1000が次々と到着。
10台11人。
相変わらずそうそうたるメンバーやな〜。
で、取りあえず出発。
前から4番目ぐらいを走っていたら、相変わらずありえん走り方でどんどんR375 を北上。
途中で信号とかで軽く離されて、前を走ってたR1の人とランデブー。
三次のあたりでマラソン(駅伝?)をやっているせいか、所々に警察とランナー が。
三次の市街を抜けたところにあるゆめランド布野で休憩。
前の2台はもうくつろぎモードだった。
いくらか待って、後続部隊が到着。
…1台足りない…
VTEC3の人が迷ったらしい。
ここでYZF-R1がもう1台合流。

ありえねぇ〜

GSX-R1000、ZX12R、YZF-R1×2、CBR250RRとおれの6台で先頭集団を形成
国道54号を北上。
ちょっと早めのペースで走って、県道40号に曲がった。
この時すでにトリップメーターは140km弱。
そこで、先頭の人が「ほな行こうか」。
は、始まった…
なんじゃこれ!?
って感じの馬鹿っ走り
必死で付いていくおれ。
国道184号に上がってもペースは落ちない。
そのあり得なさは、国道で某装置が発動した(1度だけね)ぐらい。
途中で燃料警告灯が点灯。
やべぇ〜、あと30kmぐらいしか走れん…

出雲

出雲市内に入って、信号で停まった時に、スタンドに入ってもらうように要請。
が、道沿いにスタンドが見つからず、そのまま進行。
祭りがあるらしく、めちゃめちゃ車がいて、追い越しも一苦労。
山ん中走ってたときより、こっちの方が疲れたような気がする。
で、給油をしないまま出雲大社の駐車場に到着。
くそ暑い中、後続部隊を待って昼食。
ソバでは腹が起きんと思って丼物を注文。
味付けが少し薄かった…
食後、日ノ御崎へ向けて出発。 (出雲大社はバイクを停めただけで、お参りはしてません)
スタンドを見つけて、給油を済ませ(タンク容量16Lやのに14L弱入った)、 日ノ御崎へ。
日ノ御崎でソフトクリームを食べながら休憩。
バイクの接地感がないな〜って思ってたら、リアタイヤがけっこう逝っている
周りの人も「これはキツイぞ」「そんなんでよ〜付いて来れたな〜」って。
おれも怖かったです。ハイ。

走り

お次は、県道23号に入って、途中でバイクを停めた。
どうやら、ここを中心にちょっと下って、Uターンして登って、また戻ってくるっ てコースで走りたい人だけ走るってプランらしい。
まず、バンディット(2ケツ)とR1が行った。
2ケツのバンディットが前。
おれらの前を登って行った時、2ケツなのにカラカラと何かを摺りながら先行。
戻ってきた時も前。
ありえねぇ〜〜〜
おれもタイヤが怖いながらも1チャレンジ。
下りでシフトミスしてリアがロック。やべ〜〜
Uターンするときに砂利踏んで軽く滑った。やべ〜〜
登りはR1に先行してもらって追走。
全然攻めれんで、みんなの前をクニャクニャさせながら通過。恥ずかしい〜〜
リズムが崩れてオーバースピードでコーナーへ。ギリギリ止った〜〜〜
すでに先行のR1は遥か彼方へ
上でUターンして、残りの下り。
これはR1にピッタリ追走。
1往復で終了。だって怖いんだもん。
R1の人がちょっとヘコんでた。
タイヤ換えたい…
その後、何人かが走りに行っていた。みんなはえ〜って思ってたけど、 バンディットはホンマありえん
あんなの250ccネイキッドじゃない!!
高回転型のエンジンをぶん回して鬼のような音を出して疾走してた。

のんびりと

いい加減走ったんで、暗くなる前に帰ろうってことで、帰路についた。
さすがに先頭集団で走るんは、もう怖すぎるんで、VFRとバンディットとCB400 とで中段グループを形成。
そこそこのスピードで来た道を走って国道54号に出た。
そこそこのスピードならまだそんなに怖くない。
後ろの方を走っているCB400は速いんか遅いんかは不明。
そこそこのペースでも付いてきているときもあれば、いつの間にか消えていたり もする。
道の駅頓原で休憩しようと停ったら…
先頭集団がいない。
後続部隊が到着してもまだいない。
さらに少し遅れて到着。
彼ら曰く、「別の楽しい道走ってきた」
好きやねぇ〜

ピンチ

そこからは、先頭集団からほんの少し遅れてVFRと走ることになったが、
いつの間にか、先頭集団の最後尾のCBRとVFRが入れ替わって、CBRとランデブー 走行。
国道54号は基本的にカーブが緩やかなので、結構スピードがのる。
そのままのスピードで曲がってたら…
ずるずると膨らんでいく
ん〜こりゃコトやぞ。
で、ほどよく車をパスしつつ国道375に移って南下を続けてたら…
左側から軽トラがありえんタイミングで出てきた…
ヤベっと感じてフルブレーキ。
前を走ってたCBRは中央線側を走っていたのでギリギリの間隔で通過。
ほんまにギリギリの間隔で通過。
それに驚いた軽トラがそのままストップ。左の車線を塞いだ。
ある程度減速したおれは、その路肩を何とか通過。
あ〜ヤバかった…
その恐怖感さめ上がる前にみわ375で休憩。

帰宅

暗く、寒くなってきたので、みわ375から早々に出発
途中でおれとCB400だけ給油してみんなを追走。
もうムチャはいたしません、って走りで追走。
高屋の方のセブンで最後の休憩をとって各自解散
帰り付いたのが7時ぐらい。

<まとめ>
やっぱり出雲方面はいい。
タイヤはやっぱり重要だ(っていうか、中古で買ってからまだ2000kmぐらいしか 走ってないんですけど…)。
軽トラ注意。
走行距離約350km


◆戻る◆