×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

草千里2009(2009年8月29〜30)

草千里2009とは、10年に1度ライダーが草千里に集合するというイベントで、
1979年に初開催され、今年が4回目の開催である。
何のために集まるかというと、写真を撮られるためだけである。
写真を撮って、全員の写った写真集を作るという、言わば「写らん会」 のでっかい版である。

以上のことを知ったのが、出発の1週間前で、それまではただ単に阿蘇に 遊びに行くものとばかり思っていた。。。

1日目:三崎港→九州

朝一からフェリーに乗るために三崎港を目指し、出発
目標はGWの時と同じく8時半発のフェリー

予定よりちょっと早めに出発すると、案の定かなり早い時間に着きそうな感じに。。。
飯食ったりして時間を潰して行っても、前の便(7時半発)にぎりぎり間に合いそうになる始末

GWの時よりもかなりゆったりした船内でくつろいで九州に上陸

上陸時に少しトラブル発生
フェリーで駐めているところから出口の方へバイクを向けていると
車止めのホール(エレファントなんじゃら)に乗り上げ転けそうになる
股下で倒れゆくバイク
必死で支える俺
熱く見守るバイカーたち
何とかかんとか持ちこたえたけど、出発早々腰がやられてしまった・・・

合流

九州に上陸後は、広島から出発している他の面々合流すべく、湯布院を目指す。
国道を行くのが一番正確かと考え、国道197号で大分に出た後、国道210号をひたすら西へ
・・・・・
車多い
・・・・・
追い越し、路肩走りできない
・・・・・
熱い!!!!!!
前がおらんで、気持ちよく走れたんは、湯布院手前の10km程度。
それ以外は修行僧の様な気分でのツーリング
誰だ?バイクは風を切って気持ちよさそうとか言ってるやつは・・・・

集合予定の10分前に到着したものの、先に来てたのはたった3名
まぁ、良くあることなので後続組をだらだらと待ちました

夢吊り橋、ガンジーファーム

全員揃ったところで、まずは九重にある夢吊り橋へ





よくもまぁこんな橋を造ったもんじゃと感動した後、
名物アイスクリームを食べにガンジーファームへ
ヨーグルトかけのアイスは絶品でした。

仙酔峡

本日の目的地は阿蘇山東展望台

ガンジーファームを出た時点で時間がほとんどなく、ちょっと急ぎ目に仙酔峡へ

すれすれではあったけどロープウェーに間に合った


そこからは徒歩で展望台へ

こっちから見る阿蘇山は初めてじゃけど、ええ景色



さらに奥に行く登山道もあったが、流石に時間もないし、装備もないので行かなかった




この帰りのロープウェーでまたトラブル発生
なんとロープウェーが残り10mぐらいのところで停止
動かなくなりました
ひたすら待たされる俺たち
「こんなことは初めて」とか言いながら、何やら小難しそうな説明を始める運転手(案内役?)
それを見てにやにやする俺たち
ええ加減飽きて来かけた頃にロープウェーが動き出して、無事生還
貴重な体験をしてきました(笑

温泉・宴会

かんぽの宿阿蘇という謎に豪華な宿で温泉に入り一息
今日の疲れは酒をもって癒す
ってことで、もちろん宴会
いや〜、この一杯がタマラナイ♪

↓ちょっと飲みすぎて朝若干気分が悪かったので反省…

2日目:草千里へ

いよいよメインイベントをやっている草千里へ、、、の前に、ちょっと給油
給油をしている時点で、周囲のバイクの多さにちょっとびっくり

全体の出発前に、もしかなり並んでいる人が多い時はイベント会場をスルーするかどうかのアンケートを とっていた
もともと、そんなイベントとか知らずに来てたので、俺はスルー組に回りました

登り始めると案の定、草千里まで距離はかなりあるのに大量バイクの列が・・・
しかも、「Slow down」ってプラカードを持って移動しているスタッフの方が・・・
スルー組はさっさと諦めてスルーしたけど、草千里の前を通過するだけでもかなりの時間がかかってしまった

阿蘇山中岳

イベント会場をスルーしてしまったら特にすることもないので、とりあえず中岳に上がりました
思えば、これだけ天気がしっかりしているときにここに来るのは初めて。
火口の水も綺麗なグリーンが見えた♪



せっかくここまで来たんやし、殆んどがスルー組みになってたので、記念撮影


下山

2時間ぐらい上でまったりした後、いよいよ降りることに
帰りももちろん草千里の前を通っていくんやけど、
相変わらずバイクの多いこと多いこと
登って来たときよりも多くなってるような感じでした
待ってる人たちも暇なのだろうか、やたらとピースを交わしながらの下山になった(笑

別れそして今治へ

九重から高速に上がり、日田JCTにて広島組、というか俺以外全員と分離
単独で一路佐賀関へ

予想したのより全然がらがらのフェリーで三崎へ渡り、夜8時頃には無事帰宅

おまけ&まとめ

今回はトライアンフショップのツーリングだったため、普段見られないほど トライアンフ仲間がいました
ってことで、記念に・・・

ギョロリ

ギョロ、ギョロ

ギョロ、ギョロ、ギョロ

ギョロ、ギョロ、ギョロ、ギョロ



<まとめ>
晴れた日に阿蘇は良い!!
また九州に行こう

走行距離
一日目:約300km
二日目:約300km
トータル:約600km


◆戻る◆