×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


マイチャリ


BA-S(Raleigh)


右足のリハビリをかねてチャリに乗ろうってことで購入
チャリを選ぶ際、山に行きたい、ロードは単車で十分ってことでマウンテン寄りのチャリを買うことにしました。
こだわったところはディスクブレーキ!!
理想を言えば、油圧ディスクが良かったんやけど、金銭的な問題でメカディスクにしました。
でも、ブレーキの効きは十分!!
かなり良い感じに効いてくれて、軽くジャックナイフできます。

ただ、マウンテンだから仕方ないけど、スピードはしれてます
ロードはもちろん、クロスバイクと比べても全然スピードは出ません
まあ、ママチャリに比べれば出る方だと思うし、そんなもんだと思って乗ってるから気にはなりません。

その後、念願の油圧ディスクシステムに換装、ついでに後輪ギアを8段から9段(11-39T)に換装。
より山仕様になって、登山も楽々??
まあ、街乗り仕様ではないんで、相変わらずロードは苦手・・・
ちまちまいじってるんで、なんか原型からちょっとずつ離れていっているような気がする

付加の装備物
・ライト
・スピードメーター
・ドリンクホルダー×2
・ワイヤーロック
・サイドスタンド
・サドルバッグ
・バーエンド

カスタマイズ(タイヤは使い分け)
・フラットバー
・ビンディングペダル
・スリックタイヤ(26×1.75)
・ブロックタイヤ(26×2.1)
・ディスクブレーキ関係(油圧キャリパー、ブレーキレバー)[Shimano DEORE XT]
・リアのギア関係(カセットスプロケット、リアディレイラー、前後シフトレバー)[Shimano DEORE XT]
・フロントのギア関係(カセットスプロケット、フロントディレイラー)[Shimano DEORE XT]
・フロントフォーク[Manitou R7]
・ホイールセット[Shimano DEORE XT]

スペック

特徴は以下の通りです。
基本スペックは公式サイトをご覧あれ。

フレーム:アルミ
基本重量:12.9kg(カタログ値)
装備重量:約14.2kg(実測)
ギア:前3×後8 → 前3×後8
タイヤサイズ:26×1.70(セミブロック)
ブレーキシステム:メカニカルディスク → 油圧ディスク

CROSSBOW(Ridley)


「これカサイのために置いたんやで」という店長の言葉に騙されて購入(笑
まぁ、店長うんぬんは関係なく、ちょっとはロードを走るのに向いているのが欲しくての購入じゃけどね
種類的にはシクロクロスっていう見た目はロードやけど、山道(非舗装路)を走れるような仕様になっているバイク
「ロードは気をつかうから嫌」って俺には丁度いい♪

まだあまり走ってはないけど、MTBよりは断然速い
得に苦手としていた登りが全然違う
これで次からのセンチュリーランはばっちりやね

カスタマイズ
・リアスプロケット[Shimano 11-32T]
・リアディレイラー[Shimano SLX]

スペック

基本スペックは公式サイトをご覧あれ。

フレーム:アルミ
基本重量:N/A
装備重量:約10.4kg(実測)
ギア:前3×後9
タイヤサイズ:28×1 5/8×1 3/8(溝付き)
ブレーキシステム:カンチ

大会(一部レポ有り)

愛媛センチュリーランBコース80km(平成20年9月28日):3時間13分(BA-S)
愛媛スポレク祭ハーフセンチュリー70km(平成20年11月9日):3時間54分(BA-S)
那賀川センチュリーランBコース50km(平成21年5月17日):1時間51分(BA-S)手元の時計にて
愛媛センチュリーランAコース160km(平成21年9月27日):7時間22分(BA-S)
那賀川センチュリーランAコース120km(平成22年5月16日):5時間2分(Crossbow)手元の時計にて
愛媛センチュリーランAコース160km(平成22年9月19日):6時間45分(Crossbow)手元の時計にて
愛媛スポレク祭ハーフセンチュリー70km(平成22年11月14日):2時間55分(BA-S)
10-11シクロクロス広島 中央森林公園ステージ(平成23年1月23日):カテ3・5周・35分40秒(+6分39秒、12/18位)(BA-S)

◆戻る◆